高級チョコレートの入手方法や魅力を徹底解説!

おいしく食べられる期限

風味を損なわずに保存

食器

他のチョコレートと同様に、高級チョコレートにも賞味期限が設定されています。この賞味期限を過ぎると、たとえ開封していなくてもチョコレートの風味は落ちてしまいます。入手後は賞味期限を必ず確認し、それまでに食べ切ることが重要です。賞味期限については、商品のパッケージ裏などに記載されています。日本で販売されている高級チョコレートはもちろん、海外で購入したものでも同様ですので、パッケージをよく眺めればおいしく食べられる期限がわかります。1個だけ友人から高級チョコレートをもらったというような場合には、賞味期限がわからないかもしれません。その場合にはなるべく早く食べるというのが鉄則ですが、作ったばかりなら数カ月は問題なく食べられると考えてよいでしょう。ただしこれは板チョコに限った話で、高級チョコレートのように水分が多い素材が使われていると期限も短くなります。数週間以内には食べきったほうが安心です。賞味期限がわからない高級チョコレートが冷蔵庫から出てきたときには、中身を開けて表面の状態を確認します。変色していたりざらついている場合には、品質の劣化が生じている可能性があるので気を付けてください。保存については、高級チョコレートなら常温でも構いません。ですが真夏のように室温が高くなる季節は、冷蔵庫に入れておいたほうが溶けるのを防ぐことができ確実です。チョコレートは冷たくし過ぎると油脂分が固まってしまい、風味が落ちてしまいます。長く保管するより、早めに食べきるのが最も風味を味わえる方法です。

お取り寄せが便利

女の人

プレゼントというのは、自分では普段買わないけれど貰ったらとても嬉しいものであることが大切です。地元では手に入りにくいものであったり、おいしいことがわかっている、素敵なことがわかっているけれど、普段食べたり使ったりするのにはなかなか購入できないもの、などです。食品でいえば、高級チョコレートなどがそれにあたります。ゴディバなど、高級チョコレートはたくさんありますが、どれも確実に美味しいものです。見た目も素敵なのですが、自分で毎日のように食べる、というのとはちょっと違った立ち位置にあるでしょう。こういったものをプレゼントすると、とても喜ばれます。デパ地下などに行くと、高級チョコレートが売っています。地方にお住まいであっても、最近では通信販売が利用できますので、簡単に手に入れることができます。贈っても負担にならない値段であるために、3千円くらいに納めておくとよいでしょう。食べ物には好き嫌いがあるので難しい面もありますが、チョコレートであればそんなに苦手な方はいらっしゃいませんので、比較的安心です。日持ちに関しても問題ないので、真夏の暑い盛りを避ければ、高級チョコレートは贈答品にぴったりなのです。普段、会社でのおつかれさまの意味を込めてのプレゼントにも、一粒だけデスクの上にあったりするととても気が利いているのではないでしょうか。一粒500円などというチョコレートを頬張ったら、仕事の疲れも一瞬で吹き飛ぶというものです。贈物に迷ったら、ぜひ、高級チョコレートのことを思い出してください。

ドリンクとの相性が抜群

チョコレート

海外では、高級チョコレートをワインやコーヒーと楽しむスタイルが一般化しています。それぞれのテイストを引き立てあうような組み合わせで、高級チョコレートを味わうのが、大人の楽しみ方です。特に相性が良いとされる組み合わせがありますので、グルメにこだわる方は、何パターンか押さえておくと食の楽しみが広がります。アルコール飲料と一緒に高級チョコレートを楽しみたい時、積極的に組み合わせてみたいのが赤ワインです。重厚な赤ワインは、カカオの強いテイストを引き立ててくれます。ワインやチョコレートは、微妙な香りがテイストの決め手となるため、銘柄や産地にこだわるのも、グルメを極めるためのアプローチです。通販ショップでは、ワインと高級チョコレートの同時販売も行われており、初心者でも今では簡単に高級チョコレートの世界が極められます。より気軽に高級チョコレートの美味しさが堪能出来るのが、コーヒーと組み合わせるスタイルです。コーヒーとチョコレートは元々相性が良く、ティータイムに最適な組み合わせとなります。軽いおもてなしにも役立つアレンジ法であり、お酒が苦手な方でもゆっくりと高級チョコレートの美味しさを味わうことが出来ます。チョコレート本来のテイストをじっくりと味わいたいという時は、そのまま口にするのが一番シンプルな味わい方です。ただ、このような時は出来るだけ他の食品とテイストが混ざらないよう、工夫するのがポイントになってきます。